Ph.D. 布施 努

布施.jpg今こそ「経験」を社会でツカえる武器に!
エネルギー資源に乏しい我が国では「ヒト」が資源だとよく言われますが、果たして今の日本においては、組織で自分を活かし、更にはリーダシップをも発揮する人材の育成、即ち「“者”創り」が上手く為されているのでしょうか。


スポーツ界で実力を発揮している監督・リーダー・選手は、単に競技技術や戦術だけではなく、人間関係構築力・成功と失敗のハンドリング能力・競争を勝ち抜く意欲などを持っています。これらは、理論だけで身に付いたのではなく、実学として組織の中でさまざまな問題に取り組んだ結果身に付いたものです。その能力をビジネスなどの他分野でも汎用的に使える能力を『ライフスキル』といいます。


ビジネスにおいても、卓越した専門能力に加えて、高いライフスキルをそれぞれの"変化し続ける"環境や役割そして職種で発揮出来ることが個人・組織の価値を高めていきます。私はプロチームや大学体育会、そして企業で実際に『ライフスキルトレーニング』を実施しています。それを特定の企業、チームだけでなく志のある人財が研鑽する『場』としてアカデミーを立ち上げます。

このアカデミーでは、一人ひとりに将来の日本を支える基となる考え方・スキルを伝え、トレーニングを行い、お互いに切磋琢磨できる場と仲間を作ります。このアカデミーから、一人でも多くのビジネススキルとライフスキルを兼ね備えた本物の体育会系「組織リーダー」が巣立ってくれることを祈ってやみません。

著書・連載

書籍1.jpgwhite.jpg書籍2.jpg

『ホイッスル!勝利学』
(集英社刊)
『スポーツ精神医学』
(診断と治療社刊:分担執筆)
『実践例から学ぶ競技力アップのスポーツカウンセリング』
(大修館書店刊:共訳)
『ゴルフ場セミナー』
(ゴルフダイジェスト社刊)に「業績アップが約束される心の方程式」連載中
『高校野球ドットコム』
「試合で役立つメンタルマネジメント」連載中

ページトップへ

LSBAとは?

LSBA001.jpgこのLSBA(Life Skill Business Academy)は、Ph.D.である布施努がアメリカでの活動中から長年あたためてきた「“者”創り」の場であり、体育会系ビジネスパーソンが持っている「経験」を「社会やビジネスの場で、しっかりと使える武器」に変えるヒントや気付きを与えるトレーニングを提供します。

そのために各回の前半には各分野で一目置かれるプロ意識高いエキスパート達に彼らの人生経験(成功、失敗、悔いや反省、人との出会いなど)を語ってもらい、受講者の方々に勝利をたぐり寄せるヒントやトレーニングへのモチベーションを与えた上で、トップアスリートやヘッドコーチはもちろん、一流アーティストや政治家、宇宙飛行士などにも施すライフスキル・トレーニングを後半みっちりと効果的に行うのが、このLSBAの大きな特徴になっています。

また、ここでの「体育会系」とは、いわゆるスポーツで優秀な結果をバリバリと残したような人ばかりではありません。華やかな成績は残せなかったが運動部には所属していた人、中学・高校で部活をやっていた人、いろんな事情で途中で退部してしまった人、文化系だけどゴールに向かって頑張っていた人、帰宅部だったけど自分は体育会の運動部出身には負けない経験があると強く心に思っている人など、男女を問わず本物の「体育会系」の資質を持つ 「組織リーダー」を目指している方々の研鑽の場です。


ちょっと質問です。

LSBA002.jpg「経験」を「自分の力」に存分に出来ていますか?
「自分の力」を「ビジネスの武器」に存分に出来ていますか?

もっともっと貢献できると思っているけど、自分を活かしきれずに もがいてませんか?

考えこんでしまう方が、きっとほとんどかもしれません。もしあなたが自分の心に自ら火を灯し、
「本気」になれるのなら、近い将来 必ず有能な「組織リーダー」になれるはずです。

LSBAでは、グローバルに活躍するトップリーダーも学んでいる「ライフスキル」を学び、育て、あなたの心に火を灯します。そして、あなたが本物の「組織リーダー」となる土台を作ります。

ここには志を同じくする本物の仲間もきっと集うはずです。その有能な仲間と共に、「経験」を「ビジネスの武器」に変えてみませんか。


ページトップへ

LSBA003.jpg米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院のキース・マーニガン教授のコメント
「体育会系なら誰でもというのではなく、役に立つ賢い選手を採用している。
自己を律することが出来、指示を受けることに慣れているが、自発的な行動もしっかり
出来る人材が求められている。さらに、彼らは逆境・痛みに対する対応力が高い。
それがウォール街にとって魅力的なのだろう。」


2013年10月16日 http://www.bloomberg.com/news/2013-10-16/wall-street-hires-losers-turned-winners-after-college-athletics.htmlより)

ページトップへ

第1期(募集は終了しました)

為末大氏 元プロ陸上選手

1978年広島県生まれ。
01年のエドモントン世界選手権において、400mハードル日本人初の銅メダルを獲得。 短距離・トラック種目では五輪・世界陸上通じて「日本人初のメダリスト」に。03年に大阪ガスを退社し、より厳しい環境を求め、「プロ陸上選手」となる。09年からは拠点を米・サンディエゴに移し、12年のロンドン五輪を目指すも出場を逃し、現役を引退。競技外でも06年、陸上の普及を目的とした「キッズアスリート・プロジェクト」への参加や07年丸の内の公道を封鎖し、陸上のPRを図った「東京ストリート陸上」実現など活躍。10年、マイナースポーツ選手の自立支援を目的とした「一般社団法人アスリートソサエティ」を立ち上げ各方面で活躍中。

yoshimura.jpg

吉村文吾氏 AIU損害保険株式会社 最高顧問

1944年生まれ。
1967年慶應大学を卒業、AIU保険会社に入社。赤坂支店長などを経て、AIU保険会社の日本における社長、会長を歴任。日本におけるAIGグループ企業の統制を行うAIG株式会社の会長に就任し、現在は最高顧問として経営全般の相談役として貢献。

第2期(募集中)

ヤマハ清宮画像2.JPG

清宮克幸氏 ラグビープロ監督

1967年、大阪生まれ。
86年に早稲田大学入学。1年からレギュラーになり、4年時には主将として大学選手権優勝に導く。
大学卒業後、90年にサントリー(株)に入社とともに、サントリーラグビー部に入部、92~94年には主将を務めるなど中心選手として活躍。01年に引退後、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。就任後5年連続で関東大学対抗戦全勝優勝、大学選手権も3度制覇し、早稲田ラグビー復活の原動力となる。06年、5年ぶりにサントリーラグビー部へプロ監督として就任。トップリーグで不動の王者にチームを育て、10年2月、サントリー監督を辞任。約1年の休憩を経て、2011年2月、ヤマハ発動機ジュビロの監督に就任。

iwatani2.jpg

岩谷英昭氏 米国パナソニック 元社長

1945年岡山県生まれ。
1968年、松下電器(現・Panasonic)に入社。約40年間にわたり営業(国内・海外)を担当。松下電器取締役、米国Panasonic社長、会長およびCEO、中南米・北米本部長兼任、グローバル戦略研究所長などを歴任。現在、学校法人明治学院常務理事、東北財経大学(中国)客員講師、ピーター・ドラッカー研究所特別顧問。

布施.jpg■Ph.D. 布施 努のプロフィール
早稲田実業高校、慶應義塾大学では野球部に所属し、高校時は甲子園で準優勝、大学時は全国大会優勝を経験。その後、住友商事にて14年のビジネス経験を経た後に渡米。ウエスタン・イリノイ大学大学院修士課程(スポーツ心理学専攻)修了。ノースカロライナ大学グリーンズボロ校大学院ではUSA五輪チームやNFL、NHLのリサーチ・コンサルティングを行う。帰国後、慶應義塾大学、筑波大学、JR東日本、東海REX、J2/ギラヴァンツ北九州などのスポーツチームのメンタル指導を行い、チームを短期間で全国大会優勝に導くなど確実な結果を残す。また、ビジネスの世界においても(株)東芝、監査法人トーマツ等の大手企業チームビルディング、組織パフォーマンス向上、ライフスキルの講師として招かれるなど、スポーツからビジネスまで幅広い分野での指導を行っている。

ページトップへ

LSBA006.jpg

概要

2014年
・第一期 3月1日(土) 3月15日(土)
・第二期 3月29日(土) 4月23日(日)
▷13:30〜18:00   K.I.T.虎ノ門大学院@虎ノ門



各分野で一目を置かれるプロ意識高いエキスパートが、人生を振り返り、成功体験、失敗談、悔いや反省を赤裸々に語り、経験談に基づく自身のライフスキル習得の軌跡を講演。質疑応答を含め、受講者個人にエキスパート達の人生を基に、自分の経験がどうビジネスの武器に変わるかを深く考える時間にし、トレーニングへのモチベーションを高めます。


スポーツチーム・選手は、勝つことに対して全力で挑みます。しかしながら皆が常に勝者でいられるわけではありません。本当に強い選手は、負けることを踏まえて勝ち方を学習します。

その結果、成功と失敗のハンドリング、組織と個人のジレンマ、限られた時間での決断力などの実践的なライフスキルを習得します。そのようなライフスキルを多くのスポーツチーム、企業でトレーニングし実証されてきた『F-METHOD』をベースに、米国応用スポーツ心理博士(Ph.D.)である布施努が実践的な講義、ワークショップ、トレーニングを行います。


協力:K.I.T.虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院)

目的

本物の体育会系「組織リーダー」に必要な
「ライフスキル」を学び、その基礎を築くこと

対象者

「組織リーダー」を目指す若き体育会系
ビジネスパーソン(男女不問)

受講料

84,000円(税込)/期
※初回トレーニング終了後、同期懇親会
も予定(講演者の参加は未定)

場所

K.I.T虎ノ門大学院内セミナールーム
東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル11F
TEL:03-5777-2227
〇東京メトロ銀座線  虎ノ門駅 徒歩8分
〇東京メトロ日比谷線 神谷町駅 徒歩8分
〇都営地下鉄三田線 御成門駅 徒歩8分


大きな地図で見る

ページトップへ

ライフスキル育成・強化プログラム

トレーニング4.jpg

TimeTable6.jpg